2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/6 水生生物調査

3回生・のいしきです。

6月6日月曜日に今年度3回目(やんね?)の水生生物調査を行いました。
平日、それもブルーマンデー真っ盛りの朝7時半集合という過酷な時間設定にも関わらず、3回生2人と1回生が6人も参加してくれました。水生の先行きは明るいです。



水生生物調査についてブログで書くのははじめてなので簡単に説明を。

エコキャンパスプロジェクトでは大学グラウンドの両脇に流れる水路(キャナル)の水生生物調査を2週に1回程度行っています。
方法は簡単にキャナルの端から端までの間をタモ網でジャブジャブしながらお魚さんとかエビさんとか採るだけです。単純ですがこれまた楽しいんですよ。
僕が入学する以前は水生昆虫(流水性ゲンゴロウ、コオイムシなど)や魚類がたくさんいたみたいなんですけど、近年アメリカザリガニやブラックバスと言った侵略的外来種の侵入やキャナルの干ばつなどによって生物相が貧弱になりつつあります。そういうことも、継続して調査をしてきたからわかるのです。


確かに朝早くから、それも冬場なんかだと水に触れるのも躊躇したくなるほど寒さが厳しいこともありますが、
定期的な調査をすることの重要性というのは学内環境を維持管理する我々にとって欠かせないものであります。

そしてなにより、美しき生命との一期一会、志を共にする仲間と過ごすかけがえのない時間は素晴らしいものです。
少しの早起きで得るにはお得過ぎます。





話は戻って、この日は計8人も参加していたので、一度に東西両キャナルの調査が出来ました。
1回生3人ずつは捕獲係で、3回生は記録係をやりました。

そういうことで僕は一回生3人を引き連れて西キャナルの調査をしました。
西キャナルは夏場よく渇水し東キャナルと比べると魚類相も貧弱で採れるのはアメザリ・ヌマエビの学内2大外来甲殻類ばかり。正直やってても楽しみが比較的少ないハズレ水路です。
それでもまぁ調査なんでちゃんとやりますが。

そんな西キャナルでも、この日はカネヒラと思われるの稚魚が数匹採集されました。
カネヒラは滋賀県レッドデータブックで絶滅危惧増大種に指定されていてなかなか希少な魚です。
成魚になると全長は10cm近くになり、婚姻色の出ている雄の美しさは思わず息を飲むほどです。
採れるとテンション上がります。

他にはアメリカザリガニ、ヌマエビ、ハグロトンボのヤゴなどいつもの面子が採れました。
ちなみに調査で採れたアメザリはいつも殺して駆除しています。

今回は採集されたアメザリのいくらかが一回生の手によって食されたらしいのですが、この続きにでもレポート頼みます。

追伸
1回生のうどんです
バケツに入れておいたザリガニ達がほぼ全滅していて、4匹のみ生きていました。
そして、生きていたやつらを剝いてパスタとしておいしくいただきました。
追伸終了



以上、水生生物調査初参加の野一色でした☆
この記事の多くは見栄と知ったかで構成されています。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ecocam.blog102.fc2.com/tb.php/12-e00e0ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6/8,6/9 草刈り ~序章~ «  | BLOG TOP |  » 水質調査!

プロフィール

びらっぷす

Author:びらっぷす
滋賀県立大学
エコキャン

そんな僕らの日常。


泣きアリ笑いアリ
ポロリもあるよ。

そこの君ぃぃぃ
ハンカチの用意をするんだ!!!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
水生生物調査 (1)
鳥類調査 (6)
竹林プロジェクト (8)
イベント (16)
水質調査 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。